07_腎・泌尿器系

スポンサーリンク
02_循環器系

維持透析を開始した心不全患者におけるβ遮断薬の使用は死亡リスクを低下できますか?(後向きコホート研究; Am J Kidney Dis. 2020)

心不全を合併する透析患者に対するβ遮断薬の効果はどのくらいなのか? β遮断薬は心不全患者に推奨されていますが、血液透析患者におけるその有用性は不明です。また血液透析に移行した慢性腎臓病の心不全患者において、β遮断薬の使用とその透析性...
02_循環器系

維持血液透析患者におけるラミプリル使用は心血管アウトカム発生を抑制できますか?(PROBE; ARCADIA trial; Clin J Am Soc Nephrol. 2021)

ACE阻害薬であるラミプリルは血液透析患者における心血管イベント発生を抑制できるのか? レニン・アンジオテンシン系(RAS)阻害薬はCKD患者の心血管疾患の罹患率と死亡率を低下させることが報告されています(1)。 しかし、血液...
02_循環器系

【Up To Date for HIF-PH阻害薬】HIF-PH阻害薬の比較(ナラティブレビュー; 最終年月:2021年5月)

CKDに伴う貧血治療の背景 これまでは、慢性腎臓病(CKD)や透析に伴う貧血の治療としては、赤血球増殖因子刺激製剤(ESA)による治療が中心でしたが、ESA治療において、ESA低反応性の症例が認められることや、血栓塞栓リスク、赤芽球...
02_循環器系

保存期CKD患者におけるバダデュスタットの有効性・安全性はダルベポエチン アルファに劣っていませんか?(Open-RCT; PRO2TECT試験; NEJM2021)

欧米におけるHIF-PH阻害薬の承認に必要な安全性試験とは? 主に米国と英国において、貧血治療薬の承認時には、有効性と安全性試験に加えて、重大かつ有害な心血管イベント(major adverse cardiovascular eve...
02_循環器系

β3刺激薬ミラベグロン使用による心血管リスクはどのくらいですか?(ナラティブレビュー; 最終更新2021年5月)

ミラベグロンによる心血管リスクはどの程度なのか? β3刺激薬であるミラベグロン(ベタニス®️)の添付文書では、禁忌として「重篤な心疾患を有する患者」が設定されています。これは国内臨床試験で脈拍数の増加が認められたため、...
02_循環器系

高齢の痛風患者における心血管リスクはフェブキソスタットとアロプリノールで差がありますか?(Letter; PSマッチコホート研究; J Am Heart Assoc. 2021)

痛風患者の心血管リスクにおけるフェブキソスタット vs. アロプリノール 米国では2009年にフェブキソスタットが承認されるまで、痛風の治療にはアロプリノールが唯一の選択肢でした(※日本では2011年5月に販売開始)。 フェブ...
02_循環器系

2型糖尿病の有無によらずCKD患者に対するダパグリフロジンの効果はどのくらいですか?(RCT; DAPA-CKD; NEJM 2020)

Dapagliflozin in Patients with Chronic Kidney Disease Hiddo J.L. Heerspink et al. New England Journal of Medicine...
02_循環器系

ループ利尿薬はどれが良さそうですか?(文献まとめ; ブログ管理者によるナラティブレビュー)

【最終更新:2020.March.15th】 ラシックス®️ vs. ルプラック®️ 文献 1:Meta-Analysis Comparing Torsemide Versus Furosemide...
02_循環器系

【批判的吟味】慢性腎障害を伴う2型糖尿病患者におけるカナグル®の効果はどのくらいですか?(DB-RCT; CREDENCE試験; NEJM 2019)

CanagliflozinandRenalOutcomesinType 2 DiabetesandNephropathy. N Engl J Med.2019 Jun 13;380(24):2295-2306. doi: 10...
07_腎・泌尿器系

【新薬2019年】慢性腎障害患者におけるエベレンゾ®の効果はどのくらいですか?(DB-RCT→Open-RCT; 中国29施設; NEJM 2019)

Roxadustat for Anemia in Patients With Kidney Disease Not Receiving Dialysis Nan Chen et al. N Engl J Med. 2019 ...
02_循環器系

【批判的吟味】ベタニス®(ミラベグロン)服用による心血管への影響はどのくらいですか?(事前設定の統合解析; Int J Clin Pract. 2013)

Mirabegron for the treatment of overactive bladder: a prespecified pooled efficacy analysis and pooled safety analysis ...
01_CQ受け取りました clinical question

【CQ受け取りましたシリーズ】ハイリスク高血圧患者における血圧コントロールのファースト・ラインは利尿剤?(ALLHAT trial; JAMA 2002; Free)

Major Outcomes in High-Risk Hypertensive Patients Randomized to Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitor or Calcium Chan...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました