12_血液・造血器系

スポンサーリンク
02_循環器系

【Up To Date for DOAC】DOACの有効性・安全性比較(ナラティブレビュー; 最終更新月2021年8月)

直接経口抗凝固薬(Direct Oral Anticoagulant, DOAC)あるいは経口抗凝固薬(OAC)は、ビタミンK拮抗薬であるワルファリンと比較して、食事との相互作用が少なく、頻繁なモニタリングを必要としない(正確にはモニタリングできる検査項目がほぼない)薬剤です。これまでに4種類の…
02_循環器系

末梢動脈疾患患者における血行再建術後のリバーロキサバン使用は全虚血イベントを減少させる(RCT; VOYAGER PAD試験の事前設定解析; J Am Coll Cardiol. 2021)

末梢動脈疾患(PAD)患者は、四肢および心血管の主要な有害イベントのリスクが高くなっています。下肢血行再建術の既往歴は、術後数年経っても四肢の有害イベントのリスクが有意に高いことと関連しています。さらに最近では、血行再建術後の急性期にPADを発症した患者のリスクプロファイルが説明され…
09_感染症

非重症COVID-19入院患者に対する治療的ヘパリン抗凝固療法は生存確率を上げる(REMAP-CAP/ACTIV-4a/ATTACC試験; N Engl J Med. 2021)

一部の患者では、コロナウイルス症2019(COVID-19)の臨床経過は、初期に軽度から中程度の症状があり、その後、呼吸不全が進行して心血管系や呼吸器系の臓器サポートが必要になったり、死に至ることが特徴です。しかし、COVID-19入院患者の大半は中等症であり、初期に集中治療室(ICU)での…
07_腎・泌尿器系

非透析CKD患者においてTSATが全死亡および心血管イベントのリスク増加と関連する(コホート研究; CKDopps試験; J Am Soc Nephrol. 2021)

鉄欠乏症は、骨髄中の鉄貯蔵量の減少として定義され、CKD患者の30〜45%に見られる一般的な疾患です。鉄欠乏症はさらに絶対的なものと機能的なものに分類され、後者は鉄貯蔵量がないことで定義され、前者は十分な赤血球造血を確保するために鉄が不足していることを…
02_循環器系

経口抗凝固薬服用患者における出血管理はどのように行えば良いですか?(米国心臓病学会の指針; J Am Coll Cardiol. 2020)

抗凝固療法の中止や再開はどのように行えば良いのか? 抗凝固療法は血栓塞栓症の治療・予防のために使用されています。抗凝固療法のなかでも直接経口抗凝固薬(DOAC, OAC)は、従来使用されてきたビタミンK拮抗薬(VKA)よりも使用量が...
02_循環器系

COVID-19 ICU患者に対する中間用量と標準用量の予防的抗凝固療法の効果は?(INSPIRATION試験の90日後の結果; Thromb Haemost. 2021)

COVID-19での血栓塞栓症に対するエノキサパリンの効果は? COVID-19患者において、血栓塞栓症のリスク増加が報告されています。これはサイトカインストームと呼ばれる免疫の異常反応により引き起こされていると考えられています。 ...
02_循環器系

D-ダイマー濃度の上昇を伴うCOVID-19入院患者に対する治療的抗凝固療法と予防的抗凝固療法どちらが優れていますか?(Open-RCT; ACTION試験; Lancet 2021)

COVID-19高リスク患者における抗凝固療法は治療的と予防的どちらが良い? COVID-19は他の呼吸器感染症に比べて血栓症の合併症のリスクが高く、これらの合併症イベントの規模も大きいことが示されています。 さらに、血栓症、播種性...
02_循環器系

COVID-19の入院患者におけるJanus Kinase(JAK)阻害剤の効果はどのくらい?(SR&MA; Clin Epidemiol Glob Health. Jul-Sep 2021)

重症COVID-19に対するJAK阻害薬の効果は? 重症のCOVID-19によって引き起こされる高炎症状態は、サイトカインの大量放出と炎症マーカーの増加を特徴とし、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)、致命的な血栓症、多臓器不全に至る可能...
02_循環器系

PCI後のSAPTはアスピリンよりクロピドグレルを選択した方が良い?(Open-RCT; HOST-EXAM試験; Lancet 2021)

PCI後の血栓予防戦略はどのように行うのか? 虚血性心疾患により冠動脈に虚血が生じた場合、経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)が治療選択肢となります。PCI実施後には血栓リスクが増加することから、抗血小板薬2剤療法(DAPT)が行わ...
02_循環器系

【Up To Date for HIF-PH阻害薬】HIF-PH阻害薬の比較(ナラティブレビュー; 最終年月:2021年5月)

CKDに伴う貧血治療の背景 これまでは、慢性腎臓病(CKD)や透析に伴う貧血の治療としては、赤血球増殖因子刺激製剤(ESA)による治療が中心でしたが、ESA治療において、ESA低反応性の症例が認められることや、血栓塞栓リスク、赤芽球...
02_循環器系

DOACとの薬物-薬物相互作用においてベッドサイドで簡単に実施できる推奨事項とは?(※校正前版; AJM2021)

DOAC 欧州心臓病学会および米国心臓病学会の現行のガイドラインでは、非弁膜症性心房細動患者の大部分にビタミンK拮抗薬(VKA)ではなく直接経口抗凝固薬(DOAC)を使用することが広く推奨されています。 理論的には、DOACは...
02_循環器系

アストラゼネカ社製ワクチン接種後の異常な血栓症や血小板減少症リスクはどのくらいですか?(症例シリーズ; N Engl J Med. 2021)

COVID-19ワクチン接種後に血栓症が発生する? 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対するワクチンは、コロナウイルス2019(COVID-19)のパンデミックに対抗するための最も重要な対策です。 ...
02_循環器系

心房細動患者における脳卒中後の早期アピキサバン使用による有効性・安全性はどのくらいですか?(Open-RCT; AREST試験; Stroke 2021)

心房細動による急性虚血性脳卒中後にいつ抗凝固療法を開始すべきか? 心房細動による急性虚血性脳卒中後にいつ抗凝固療法を開始すべきかについては明らかとなっていません。 早期の抗凝固療法は脳梗塞の再発を予防しますが、心房細動に起因す...
02_循環器系

抗凝固剤治療再開に伴う再出血、血栓症、死亡リスクはどのくらいですか?(集団ベース コホート研究; CMAJ. 2021)

経口抗凝固薬の出血により治療中止した後に抗凝固薬を再開した方が良いのか? 経口抗凝固薬(OAC)は、動脈および静脈の血栓症の予防および治療に使用されています。 OACに伴う出血は、救急外来受診、入院、死亡につながる最も一般的な有害事...
02_循環器系

DOACsとワルファリンどちらが優れていますか?(イギリス人口ベースのコホート研究; BMJ 2018)

【私的背景】 イグザレルト®️(リバーロキサバン)を検討したPIONEER-AFやROCKET-AF等の過去の臨床試験結果において、ワーファリン®️(ワルファリン)と比べて、より新しい抗凝固薬であるDir...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました