認知症患者の死亡率に対するコリンエステラーゼ阻害剤の効果はどのくらい?(SR&MA; Neurology. 2022)

man people woman art 01_中枢神経系
Photo by Kindel Media on Pexels.com

認知症患者の死亡率に対するコリンエステラーゼ阻害剤の影響とは?

コリンエステラーゼ阻害薬(ChEI)は神経作用に加えて心血管系への作用があり、死亡率を変化させる可能性があります。しかし、ChEIによる治療が認知症患者の死亡率を変化させるかどうかについては充分に検討されていません。

そこで今回は、認知症患者におけるChEIの長期投与と死亡率について検証したシステマティックレビュー&メタ解析の結果をご紹介します。

PubMed、EMBASE、Cochrane CENTRAL、ClinicalTrials.gov、ICRTPをその創刊から2021年11月まで検索し、レビュー、ガイドライン、対象研究の書誌事項をスクリーニングした。あらゆるタイプの認知症患者において、6ヵ月以上、ChEI治療をプラセボまたは通常治療と比較する、バイアスリスクの低いランダム化対照試験(RCT)および非ランダム化対照試験を対象とした。2名の治験責任医師が独立し、事前に定義された書式を用いて、研究の組み入れ評価、バイアスリスクの評価、データの抽出を行った。研究者間の意見の相違は、議論と合意によって解決された。粗死亡率または多変量調整ハザード比(HR)として測定された全死亡および心血管系死亡のデータは、ランダム効果モデルを用いてプールされた。達成された情報の大きさは、試験順次分析(TSA)を用いて評価した。PRISMAガイドラインに従った。

試験結果から明らかになったことは?

24件の研究(RCT12件、コホート研究12件、平均追跡期間6~120ヵ月)、合計79,153例のアルツハイマー病(13研究)、パーキンソン病(1研究)、血管性(1研究)、あらゆるタイプの認知症(9研究)患者が、組み入れ基準を満たしました。

未調整RR
(95%CI)
調整HR
(95%CI)
全死亡率0.74
0.66〜0.84
0.77
0.70〜0.84

対照群におけるプールされた全死因死亡率は、100人・年当たり15.1人でした。ChEIによる治療は、全死亡率の低下と関連していました(未調整RR 0.74、95%CI 0.66〜0.84;調整HR 0.77、95%CI 0.70〜0.84;中〜高度のエビデンス)。この結果は、ランダム化試験と非ランダム化試験の間、およびいくつかの感度分析で一貫していました。また、認知症のタイプ、年齢、個々の薬剤、認知症の重症度によるサブグループ間の差はみられませんでした。

未調整RR
(95%CI)
調整HR
(95%CI)
心血管系死亡率0.61
0.40〜0.93
0.47
0.32〜0.68

心血管系死亡率(RCT 3件、コホート研究 2件、患者 9,182例、低〜中程度のエビデンス)についてはデータが少ないものの、ChEIで治療した患者で低いことが示されました(未調整RR 0.61、95%CI 0.40〜0.93;調整HR 0.47、95%CI 0.32〜0.68)。試験順次分析では、全死亡の結果は決定的でしたが、心血管系死亡の結果は得られませんでした。

コメント

日本では認知症治療薬として、ドネペジル(商品名:アリセプト)、ガランタミン(商品名:レミニール)、リバスチグミン(商品名:イクセロン)が承認されています。認知症患者におけるコリンエステラーゼ阻害薬の使用は、認知機能の低下を抑制できる、あるいは抑制できないとする一貫性のない結果が示されています。一方、死亡リスクについては充分に検討されていません。

さて、本試験結果によれば、認知症患者におけるコリンエステラーゼ阻害薬の長期投与と全死亡の減少との間に一貫した関連性があることが示されました(中〜高度の質のエビデンス)。一方、心血管系死亡については充分に検討できませんでした。

対照集団と比較して、コリンエステラーゼ阻害薬の使用と死亡リスク低下について、何らかの交絡因子が影響しているのか、それともコリンエステラーゼ阻害薬そのものの効果によるのかは不明です。

続報に期待。

people woman street summer

✅まとめ✅ 認知症患者におけるコリンエステラーゼ阻害薬の長期投与と全死亡の減少との間に一貫した関連性があることを示す中等度から高度の質のエビデンスが存在する。

根拠となった試験の抄録

背景と目的:コリンエステラーゼ阻害薬(ChEI)は神経作用に加えて心血管系への作用があり、死亡率を変化させる可能性がある。我々は、ChEIによる治療が認知症患者の死亡率を変化させるかどうかを知りたいと考えた。

方法:PubMed、EMBASE、Cochrane CENTRAL、ClinicalTrials.gov、ICRTPをその創刊から2021年11月まで検索し、レビュー、ガイドライン、対象研究の書誌事項をスクリーニングした。あらゆるタイプの認知症患者において、6ヵ月以上、ChEI治療をプラセボまたは通常治療と比較する、バイアスリスクの低いランダム化対照試験(RCT)および非ランダム化対照試験を対象とした。2名の治験責任医師が独立し、事前に定義された書式を用いて、研究の組み入れ評価、バイアスリスクの評価、データの抽出を行った。研究者間の意見の相違は、議論と合意によって解決された。粗死亡率または多変量調整ハザード比(HR)として測定された全死亡および心血管系死亡のデータは、ランダム効果モデルを用いてプールされた。達成された情報の大きさは、試験順次分析(TSA)を用いて評価した。PRISMAガイドラインに従った。

結果:24件の研究(RCT12件、コホート研究12件、平均追跡期間6~120ヵ月)、合計79,153例のアルツハイマー病(13研究)、パーキンソン病(1研究)、血管性(1研究)、あらゆるタイプの認知症(9研究)患者が、組み入れ基準を満たした。対照群におけるプールされた全死因死亡率は、100人・年当たり15.1人であった。ChEIによる治療は、全死亡率の低下と関連していた(未調整RR 0.74、95%CI 0.66〜0.84;調整HR 0.77、95%CI 0.70〜0.84;中〜高度のエビデンス)。この結果は、ランダム化試験と非ランダム化試験の間、およびいくつかの感度分析で一貫していた。認知症のタイプ、年齢、個々の薬剤、認知症の重症度によるサブグループ間の差はみられなかった。心血管系死亡率(RCT 3件、コホート研究 2件、患者 9,182例、低〜中程度のエビデンス)についてはデータが少なかったが、これもChEIで治療した患者で低かった(未調整RR 0.61、95%CI 0.40〜0.93;調整HR 0.47、95%CI 0.32〜0.68)。試験順次分析では、全死亡の結果は決定的であったが、心血管系死亡の結果は得られなかった。

考察:認知症患者におけるコリンエステラーゼ阻害薬の長期投与と全死亡の減少との間に一貫した関連性があることを示す中等度から高度の質のエビデンスが存在する。これらの知見は、認知症患者に対するコリンエステラーゼ阻害薬の処方の決定に影響を与える可能性がある。

試験登録情報:このシステマティックレビューは、PROSPERO international prospective register of systematic reviewsにCRD42021254458の番号で登録された(2021年6月11日)。

キーワード:アルツハイマー病、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬、全死亡、心血管死亡率、認知症

引用文献

Effect of Cholinesterase Inhibitors on Mortality in Patients With Dementia: A Systematic Review of Randomized and Nonrandomized Trials
Céline Truong et al. PMID: 36096687 DOI: 10.1212/WNL.0000000000201161
Neurology. 2022 Sep 12;10.1212/WNL.0000000000201161. doi: 10.1212/WNL.0000000000201161. Online ahead of print.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36096687/

コメント

タイトルとURLをコピーしました