増悪リスクの高い軽症から中等症のCOVID-19非入院患者の入院または死亡に対するソトロビマブの効果は?(RCT; COMET-ICE試験; JAMA. 2022)

white and brown galaxy on black sky 09_感染症
Photo by Luis Felipe Alburquerque Briganti on Pexels.com

ソトロビマブ(ゼビュディ®️)のCOMET-ICE試験の最終結果が報告された

SARS-CoV-2に感染した高齢者や合併症のある患者は、入院や死亡のリスクが高まる可能性があります。ソトロビマブは、COVID-19の進行を防ぐために高リスクの患者を治療するための中和抗体であり、増悪リスクの高い軽症から中等症のCOVID-19非入院患者における有効性が示されています。2021年に中間解析の結果が報告され、日本をはじめ特例承認されています。

今回は、軽症から中等症のCOVID-19の重症化予防におけるソトロビマブの有効性と有害事象を評価したCOMET-ICE試験の最終結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

事前に指定された中間解析で有効性が確認されたため、早期に登録を中止した。ランダム化された患者1,057例(年齢中央値 53歳[IQR 42〜62]、20%が65歳以上、65%がラテン系)において、追跡期間の中央値はソトロビマブで103日、プラセボで102日であった。
24時間以上の全入院または死亡は、ソトロビマブ(6/528例[1%])とプラセボ(30/529例[6%])で有意に減少した(調整相対リスク[RR] 0.21[95%CI 0.09~0.50]; 絶対差 -4.53%[95%CI -6.70% ~ -2.37%]; P<0.001 )。5つの副次的アウトカムのうち4つがソトロビマブに統計的に有意であり、ED訪問、入院、または死亡の減少が認められた(ソトロビマブ13/528例[2%] vs. プラセボ39/529例[7%];調整後RR 0.34[95%CI 0.19~0.63];絶対差 -4.91% [95%CI -7.50% 〜 -2.32%]; P<0.001)、重症または重症呼吸器COVID-19への進行(ソトロビマブ7/528例 [1%] vs. プラセボ28/529例 [5%]; 調整後RR 0.26[95%CI 0.12 〜 0.59]; 絶対差 -3.97% [95%CI -6.11% 〜 -1.82%]; P=0.002 )が認められた。有害事象は頻度が低く、治療群間で差がなかった(ソトロビマブ 22% vs. プラセボ 23%);最も多かった事象は、ソトロビマブでは下痢(n=8、2%)、プラセボではCOVID-19肺炎(n=22、4%)であった。

コメント

ソトロビマブの有効性について、中間解析結果では85%の相対リスク減少が示されていました。今回、最終解析の結果が公表されましたので、論文を読んでみました。

さて、本試験結果によれば、重症化リスクの高い軽症から中等症のCOVID-19非入院患者において、ソトロビマブの単回静脈内投与はプラセボと比較して、29日目までの全原因入院または死亡の複合エンドポイントのリスクを有意に減少させました。相対リスク減少としては79%と、中間解析の結果とほぼ同様でした。ただし、本試験は、早期に登録を中止しています。したがって、効果を過大評価、リスクを過小評価している可能性があります。

またオミクロンなどの変異株に対する有効性については検証できていません。さらに基礎研究の結果でオミクロン株BA.2に対する中和抗体価が低くなる可能性が示されています。引き続き情報収集した方が良いと考えます。

続報に期待。

silhouette of man standing on rock under starry night

✅まとめ✅ 軽症から中等症のCOVID-19で病勢進行リスクを有する非入院患者において、ソトロビマブの単回静脈内投与はプラセボと比較して、29日目までの全原因入院または死亡の複合エンドポイントのリスクを有意に減少させた(相対リスク79%減少)。

根拠となった試験の抄録

試験の重要性:SARS-CoV-2に感染した高齢者や合併症のある患者は、入院や死亡のリスクが高まる可能性がある。ソトロビマブは、COVID-19の進行を防ぐために高リスクの患者を治療するための中和抗体である。

目的:軽症から中等症のCOVID-19の重症化予防におけるソトロビマブの有効性と有害事象を評価すること。

試験デザイン、設定、参加者:2020年8月27日から2021年3月11日まで、ブラジル、カナダ、ペルー、スペイン、米国の57施設で実施された、症候性で軽度から中等度のCOVID-19と増悪のリスク因子1つ以上を有する非入院患者1,057例を含むランダム化臨床試験、フォローアップデータは2021年4月8日まで収集された。

介入:患者をソトロビマブ500mgの点滴静注(n=528)またはプラセボ(n=529)にランダム化(1:1)した。

主要アウトカムおよび指標:主要アウトカムは、29 日目までにCOVID-19 が進行した患者の割合(急性疾患管理のための24時間超の全原因入院または死亡)とし、29日目までの全原因救急部(ED)訪問、急性疾患管理のための任意の期間の入院または死亡の複合、酸素補給または機械換気を要する重症または重症呼吸COVID-19への進行などの、5つの副次アウトカムが階層的に検証された。

結果:事前に指定された中間解析で有効性が確認されたため、早期に登録を中止した。ランダム化された患者1,057例(年齢中央値 53歳[IQR 42〜62]、20%が65歳以上、65%がラテン系)において、追跡期間の中央値はソトロビマブで103日、プラセボで102日であった。
24時間以上の全入院または死亡は、ソトロビマブ(6/528例[1%])とプラセボ(30/529例[6%])で有意に減少した(調整相対リスク[RR] 0.21[95%CI 0.09~0.50]; 絶対差 -4.53%[95%CI -6.70% ~ -2.37%]; P<0.001 )。5つの副次的アウトカムのうち4つがソトロビマブに統計的に有意であり、ED訪問、入院、または死亡の減少が認められた(ソトロビマブ13/528例[2%] vs. プラセボ39/529例[7%];調整後RR 0.34[95%CI 0.19~0.63];絶対差 -4.91% [95%CI -7.50% 〜 -2.32%]; P<0.001)、重症または重症呼吸器COVID-19への進行(ソトロビマブ7/528例 [1%] vs. プラセボ28/529例 [5%]; 調整後RR 0.26[95%CI 0.12 〜 0.59]; 絶対差 -3.97% [95%CI -6.11% 〜 -1.82%]; P=0.002 )が認められた。有害事象は頻度が低く、治療群間で差がなかった(ソトロビマブ 22% vs. プラセボ 23%);最も多かった事象は、ソトロビマブでは下痢(n=8、2%)、プラセボではCOVID-19肺炎(n=22、4%)であった。

結論と関連性:軽症から中等症のCOVID-19で病勢進行リスクを有する非入院患者において、ソトロビマブの単回静脈内投与はプラセボと比較して、29日目までの全原因入院または死亡の複合エンドポイントのリスクを有意に減少させた。今回の結果は、軽症から中等症のCOVID-19の非入院高リスク患者に対する治療オプションとしてソトロビマブを支持するものであるが、試験終了後に出現したSARS-CoV-2亜型に対する有効性は未知数である。

試験登録:ClinicalTrials.gov Identifier: NCT04545060

引用文献

Effect of Sotrovimab on Hospitalization or Death Among High-risk Patients With Mild to Moderate COVID-19: A Randomized Clinical Trial
Anil Gupta et al. PMID: 35285853 DOI: 10.1001/jama.2022.2832
JAMA. 2022 Mar 14. doi: 10.1001/jama.2022.2832. Online ahead of print.
— 読み進める pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35285853/

関連記事

【COVID-19で入院した成人患者に対する2種類の中和モノクローナル抗体療法は有効ではない(DB-RCT; TICO試験; Lancet Infect Dis. 2021)】

【SARS-CoV-2 オミクロン亜種BA.2に対してソトロビマブの効果は減少するかもしれない(基礎研究; プレプリント; bioRxiv 2022)】

【COVID-19非入院患者におけるSARS-CoV-2中和抗体ソトロビマブによる早期治療効果はどのくらい?(DB-RCT; COMET-ICE試験; N Engl J Med. 2021)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました