入院前のグルカゴン様ペプチド-1受容体アゴニスト(GLP-1RA)使用はコロナウイルス感染症による死亡率へ影響しますか?(メタ解析; Diabetes Res Clin Pract. 2021)

blood sugar meter and sweets on the blue background 05_内分泌代謝系
Photo by Nataliya Vaitkevich on Pexels.com

COVID-19による死亡率と糖尿病薬との関連性は?

2019年12月に最初の症例が発生して以来、COVID-19病の出現は、WHOによると2021年6月までに最大177,108,695例の確定症例と3,840,223例の死亡を引き起こしていました(WHO)。症例の重症度は、すべての年齢層で併存疾患に応じて変化していました。糖尿病と肥満は、重症のCOVID-19の発症に寄与する2つの重要な危険因子であることが判明しており、さらなる炎症と免疫機能障害を引き起こし、生命を脅かすサイトカインストームの形成につながります(PMID: 32583078PMID: 33002478PMID: 32771919PMID: 33892451PMID: 33931304PMID: 33936793)。これらの症状をコントロールし、管理するためにいくつかの治療法が提案されてきました(PMID: 32844132PMID: 33816358PMID: 33838992PMID: 33241872PMID: 33401328PMID: 33719081Rev Med Virol. 2021 Jun; 6e2265)。

最近では、グルカゴン様ペプチド-1受容体作動薬(GLP1-RA)を糖尿病患者の治療に使用することで、過剰な炎症による急性肺障害を軽減し、COVID-19の転帰を改善することが期待されています(PMID: 33426364)。GLP1-RAは、食後のインスリン分泌を促進するだけでなく、抗炎症作用、抗肥満作用、肺保護作用、腸内細菌叢調整作用などの有益な特性を持っていると考えられています(PMID: 33423388)。さらに、ラットを用いた実験では、GLP1-RA(リラグルチド)を使用することで、SARS-CoV-2感染によるものを含む急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の進行の原因となる経路に対抗することが実証されている酵素である肺ACE2の発現を促進することが示されました(PMID: 16988814PMID: 26196539)。しかし、COVID-19患者におけるGLP-1RAの有用性に関するエビデンスは、まだ明らかになっていません。

そこで今回は、GLP1-RAとCOVID-19の死亡率との関連性を評価・解析した研究9件のメタ解析の結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

SARS-CoV-2に感染した19,660例の糖尿病患者を対象とした計9件の研究がメタ解析に含まれた。その結果、GLP-1RAを入院前に使用することは、糖尿病患者のCOVID-19による死亡率の低下と関連することが示唆された(OR 0.53; 95%CI 0.43〜0.66、p<0.00001、I2=0%、random-effect modelling)。さらに解析を進めると、年齢(p=0.213)、性別(p=0.421)、高血圧(p=0.131)、心血管疾患(p=0.293)、さらにメトホルミン(p=0.189)とインスリン(p=0.117)の使用状況にも影響されないことがわかった。

コメント

抗炎症作用を有する薬剤は、COVID-19に有効である可能性があります。研究9件のメタ解析の結果、GLP-1RAを入院前に使用すると、糖尿病患者のCOVID-19による死亡率の低下と関連することが示唆されました(OR 0.53; 95%CI 0.43〜0.66、p<0.00001、I2=0%)。ただし、結果に大きな影響を及ぼしているのは、9件のうち2件で、この2件が試験全体の約70%を占めています。今後の検討次第で結果が覆る可能性は充分にあります。とは言え、糖尿病治療薬としてGLP-1RAの使用は増えていること、心血管イベントの発生抑制効果が示されていること、抗炎症作用を有していることを考慮すると、当然の結果なのかもしれません。

今後の研究結果に期待。

person woman eyes face

✅まとめ✅ GLP-1RAを入院前に使用することで、糖尿病患者のCOVID-19死亡率に有益な効果があることが示唆された。

根拠となった試験の抄録

目的:GLP-1RAは、抗炎症作用、抗肥満作用、肺保護作用に加えて、腸内細菌叢に有益な影響を与えるなど、多くの有益な特性を持っている。しかし、COVID-19の糖尿病患者におけるGLP-1RAの有用性に関するエビデンスはまだ不明である。本研究では、コロナウイルス感染症2019(COVID-19)の糖尿病患者の死亡率を変化させる上で、GLP-1RAを入院前に使用することの有益性を分析することを目的とした。

方法:特定のキーワードを用いて、2021年6月12日までにPubMed、Europe PMC、medRxivデータベースで可能性のある論文を包括的に検索した。COVID-19とGLP-1RAに関するすべての発表された研究を検索した。統計解析は、Review Manager 5.4およびComprehensive Meta-Analysis version 3ソフトウェアを用いて行った。

結果:SARS-CoV-2に感染した19,660例の糖尿病患者を対象とした計9件の研究がメタ解析に含まれた。その結果、GLP-1RAを入院前に使用することは、糖尿病患者のCOVID-19による死亡率の低下と関連することが示唆された(OR 0.53; 95%CI 0.43〜0.66、p<0.00001、I2=0%、random-effect modelling)。さらに解析を進めると、年齢(p=0.213)、性別(p=0.421)、高血圧(p=0.131)、心血管疾患(p=0.293)、さらにメトホルミン(p=0.189)とインスリン(p=0.117)の使用状況にも影響されないことがわかった。

結論:本研究では、GLP-1RAを入院前に使用することで、糖尿病患者のCOVID-19死亡率に有益な効果があることが示唆された。しかし、この結論を確認するためには、より多くのランダム化臨床試験が必要である。

キーワード:抗糖尿病薬、コロナウイルス病2019、COVID-19、糖尿病、GLP-1RA

引用文献

Pre-admission glucagon-like peptide-1 receptor agonist (GLP-1RA) and mortality from coronavirus disease 2019 (Covid-19): A systematic review, meta-analysis, and meta-regression
Timotius Ivan Hariyanto et al. PMID: 34461139 PMCID: PMC8397482 DOI: 10.1016/j.diabres.2021.109031
Diabetes Res Clin Pract. 2021 Sep;179:109031. doi: 10.1016/j.diabres.2021.109031. Epub 2021 Aug 28.

関連記事

【COVID-19に対する治療薬(living WHOガイドライン; BMJ 2020)】

【COVID-19に対する治療薬で有効なものはありますか?(living systematic review&NMA; BMJ 2020)】

【地域治療を受けたCOVID-19患者に対するコルヒチン投与の効果はどのくらい?(DB-RCT; COLCORONA試験; Lancet Respir Med. 2021)】

【中等度または重度のコロナウイルス感染症(COVID-19)入院患者の治療におけるソフォスブビルおよびダクラタスビルの効果はどのくらいですか?(小規模 RCT; J Antimicrob Chemother. 2020)】

【重症COVID-19治療におけるインターフェロンβ-1aの有効性と安全性はどのくらいですか?(RCT; Antimicrob Agents Chemother. 2020)】

【COVID-19に対する標準治療+漢方薬の効果はどのくらいですか?(中国の小規模 Open-RCT; G-CHAMPS; Front Med (Lausanne). 2020)】

【COVID-19患者に対する標準治療へのヒドロキシクロロキン追加は死亡リスクを低下できますか?(SR&MA; J Neuroimmune Pharmacol. 2020)】

【重度または生命を脅かす疾患を合併するCOVID-19患者に対する標準治療への回復期血漿療法の追加効果はどのくらいですか?(Open-RCT; 早期終了; JAMA 2020)】

【COVID-19重症患者における抗菌薬治療へのクロロキン追加効果はどのくらいですか?(第IIb相RCT; JAMA Netw Open. 2020)】

【COVID-19管理における標準治療へのニクロサミド追加療法の効果はどのくらいですか?(Open-RCT; Ann Med Surg (Lond). 2021)】

COVID-19管理における標準治療へのニクロサミド追加療法の効果はどのくらいですか?(Open-RCT; Ann Med Surg (Lond). 2021)
コロナウイルス感染症2019(COVID-19)は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によって引き起こされる感染症です。COVID-19の発生は、公衆衛生に大きな影響を与えながら徐々に全国的になっており、この発生は2020年1月30日にWHOによって公衆衛生上の緊急事態…

コメント

タイトルとURLをコピーしました