救急科におけるN95の長期使用・再使用とフィット不良との相関関係はどのくらいですか?(横断研究; JAMA 2020)

COVID-19 新型コロナウイルス感染症
この記事は約5分で読めます。

Correlation Between N95 Extended Use and Reuse and Fit Failure in an Emergency Department

Nida F Degesy et al.

JAMA. 2020 Jun 4. doi: 10.1001/jama.2020.9843. Online ahead of print.

PMID: 32496504

DOI: 10.1001/jama.2020.9843

背景

最前線の医療従事者は、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の原因となる重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に感染するリスクが高いとされている。

COVID-19の予防には、N95マスク(N95 respirators, N95s)を含む個人用保護具(PPE)が不可欠である。

疾病対策予防センターでは、医療従事者が1回の患者遭遇後にN95sを廃棄することを推奨している。しかし、重要なPPEが不足しているときには、N95sの延長使用(複数の患者に遭遇したときに同じN95を着用すること)と限定的な再使用(複数の遭遇の間にN95を保管して複数の遭遇で使用すること)を推奨している。

既存の研究は臨床環境ではなく実験室で行われていた。N95の供給が不充分なため、多くの救急科では様々なN95sの再使用および使用延長方針を実施せざるを得なかったが、その有効性に関する経験的証拠はない。一般的な2種類のN95マスクを再利用しながら、N95フィットテスト失敗の有病率を調べた。

方法

2020年4月4日から4月6日までの間、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)救急科でN95フィットの横断的研究を行った。

本研究では、医療従事者(医師、看護師、開業医、医師助手、患者ケアテクニシャン)を対象に、研究者が同席していた時の臨床シフトに便宜的に登録した。

全員が過去1~2年以内に、労働安全衛生局が義務付けた標準的なN95適合試験に合格していた。

標準化されたフードおよび3M FT-32苦味試験溶液を使用して、延長使用/再使用の様々な段階におけるドーム型(3M 1860)およびダックビル(Kimberly-Clark 46727またはHalyard 46867)N95sの定性適合試験を実施した(下図)。

Figure.  N95 Mask Types(本文より引用)
Left, Dome-shaped. Right, Duckbill

参加者が溶液を味わうことができた場合、フィットテストに失敗し、新しいN95でフィットしました。介護福祉士の特徴、マスクの種類、使用シフト、着脱を記録した。

我々の主要転帰はN95フィットテストの失敗であった。

連続変数の中央値は、Wilcoxon log-rank 検定を用いて比較した。カテゴリー変数の比率は、Fisher exact 検定を用いて比較した。比較のために、両側α<0.05は統計的に有意であると考えられた。

ダックビルマスクの故障率が高いことから、ドーム型マスクのみを対象に感度解析を行い、摩耗時間とフィットテストの故障との関連を検討した。データはStataバージョン16(StataCorp)を使用して分析した。この研究は、UCSFの機関別審査委員会によって免除に分類された。

結果

・参加者68例のうち、女性が66.2%、看護師が48.5%であった。

・ドーム型N95は68例中51例(75.0%)が使用しており、ダックビル型N95は68例中17例(25.0%)が使用していた。

・全体では、参加者の38.2%がフィットテストに失敗した。17例中12例(70.6%)のダックビルマスクが失敗したのに対し、51例中14例(27.5%)のドーム型マスクが失敗した。

・ドーム型マスク着用者では、フィットテストの失敗はシフト数の増加と関連していた(中央値 4シフト [四分位間距離{IQR} 3〜5] vs. 2シフト [IQR 1〜3];P < 0.001)、着脱の増加(中央値 15 [IQR 13〜18] vs. 8 [IQR 4〜12];P < 0.001)、および着用時間の増加(14 [IQR 10〜30] vs. 12 [IQR 6〜16];P = 0.048)が見られた(下表)。

Table.  Characteristics of Participants and Prevalence of Fit Failure (Dome-Shaped Masks Only)(本文より引用)

議論

本研究では、ダックビル型N95マスクの失敗率が高いことがわかった。ドーム型マスクの故障は使用量の増加と関連していた。

N95マスクのフィット失敗は、PPEの使用にもかかわらずSARS-CoV-2の感染に寄与している可能性があり、さらなる研究が必要である。

これらの予備データに基づき、保健システムは、長期使用または再使用中のN95マスクの適合性を厳密に評価し、代替品が利用可能な場合には、ダックビル型マスクの使用を制限すべきである。

試験の制限事項としては、本研究の横断的デザインが挙げられる。方向性を決定するためにはコホート研究が必要である。着用期間と着脱の回数は自己申告であり、正確な推定値ではない可能性がある。正確な故障時間は測定されなかった。先行研究では、N95マスクの固有のフィット不全率が示されており、これが転帰に影響を与えている可能性がある。この先行研究である観察研究は交絡因子(例えば、マスクの品質、着用者の観察されない特性)の影響を受けていた。シフトの着用、着用時間、着脱は相関があると思われる。故障が少ないため、多変量調整は行われなかった。本研究は、定性フィットテストに基づいてマスクの故障を検出することを目的としたものである。フィットテストに失敗したからといって、必ずしも感染率が上がるとは限らない。

コメント

N95マスクの使用頻度とフィットとの相関関係を検証した横断研究。N95マスクとしては、ドーム型とダックビル型があり、ダックビル型のフィット失敗の方が多いことが明らかとなりました。あくまでも仮説生成的な結果であり、SARS-CoV-2感染に寄与しているか否かについては、前向き研究が必要であると考えます。

しかし、原理的には、N95マスクのフィットがうまく行えない場合、感染リスクが増加すると考えられます。

限られた資源の中で感染予防を行う場合には、N95マスクの再利用をするしかありませんが、より再利用が必要であると予測される場合は、ドーム型を使用した方が良いと考えられます。

✅まとめ✅ N95マスクの長期使用および再利用において、ダックビル型マスクの方が失敗率が高かった。またドーム型マスクの故障は使用量の増加と関連していた

コメント

タイトルとURLをコピーしました